29歳 女性 

60回のカリキュラムが終わって、たくさん見れるようになって、楽しくてもう終わってしまった感があります。
新しいことを覚えたり、教わったりして面白かった。
最初は60回もあるのかと思ったけど、終わってしまったらまだまだ教わりたいことや、疑問に思うことがたくさんある。
でも楽しかったです。だから、60回まで全部やりきれました。

途中学んでいくと、矛盾しているように感じるところがありました。でも先を学んでいくにつれ、そこが人間の運命を見る上で難しいところであり、奥深いものであると捉えるようになりました。
一筋縄じゃ落とし込めない算命学の世界だと思いました。

最初の基礎を理解できた後で相性を見れるようになってからいっそう面白かったです。
周りの人を見たりしました。基礎をしっかり落とし込んでいると楽しんで学べると思います。

鑑定をする側は命式を深く見る力はもちろんのこと、その解釈した内容を相手にどう伝えるか。
そこを真剣に勉強する必要があると思います。
伝え方次第で相手への伝わり方、残り方も変わると思います。

算命学をお勉強する上で感じたことは、カリキュラムの最初10数コマが本当に大切だということです。
ここが落とし込めてないと、その後の授業の内容が入ってこない。
でも本当に全部学んでよかったと思います。
算命学を川本先生に教われたことは、自分の中で本当に楽しかったです。
知り合いにも「最近生き生きしてるね」と言われて、とても充実してました。
ありがとうございました。